水素水の展望と健康促進効果がもたらす下痢症状について

水素水の展望と健康促進効果がもたらす下痢症状について

 近年、水素水は老年医学の展望として、新たな治療法となりうる媒体であり、世界で注目を浴びています。臨床レベルでの研究も現在盛んに進められており、実際の研究成果としては、メタボリックシンドローム、動脈硬化、糖尿病、認知機能低下、疲労、便秘、心臓や肺の放射線障害などを改善・抑制する、という数々の研究論文が発表されています。

 このように水素水は多くの疾患に対して、改善・抑制効果が期待できる、新たな治療法として期待されているのです。なぜ水素水が体に良いのかというと、分子レベルでの学術的な説明が多く、一般の方にはかなり難しいと思います。簡単に言うと、要は「水素分子を体内に取り込むことで抗酸化作用が促進され、人体に良い影響を及ぼす効果がある」ということではないでしょうか。

 水素水を体内に摂取することで、水素分子が血流を循環し、大半は呼吸により体外に排出されます。摂取後の呼気ガス中の水素濃度はおよそ10分程度でピークが収まり、1時間後には元に戻るという、非常に高い循環効果があります。このような効果は、主に抗酸化作用促進による便通改善にも起因しており、便通改善による下痢症状も少なからず報告があるようです。

 実際に、水素水を引用して便秘が改善されたという報告もありますが、同時に下痢っぽくなったという報告もあります。下痢の要因は、逆に言えば便秘改善効果ともなり得るため、健康には良い現象なのかもしれませんね。現在、水素水をはじめ、多くの水素サプリメントが市販でも売られており、摂取した体験者から、非常に良かった、健康効果が出たという体験談が数多く報告されています。私は伊藤園の高濃度水素水がオススメです。是非、皆さんも摂取してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP