水素水を入浴に活用する効果

水素水を入浴に活用する効果

 水素水には老化予防、美容、ダイエットなど、さまざまな働きがあります。アルミ缶やパウチパックに入った水素水が販売されていて気軽に飲めます。水素水は飲むだけでなく入浴にも活用できます。

 活性酸素は老化、肌トラブルなどの原因です。活性酸素は呼吸をしてエネルギーを作りだすときに発生します。それだけでなく、ストレス、偏った食事、不規則な生活、大気汚染など現代には活性酸素を発生させる原因があふれています。活性酸素の発生は防ぐことができず、害を防ぐことが健康や美容に大切です。

 水素には還元作用があり、活性酸素で体がさびつくのを防ぐ役割があります。入浴に活用することで皮膚から水素を吸収することができます。非常に小さな粒子をしているので、皮膚への浸透がよいです。お風呂に充満した水素を呼吸から取り込むこともできます。水素は非常に小さな粒子をしているので、浸透力が高く体の隅々にまで入り込むことができます。肌の奥に入り込んだ水素は、シミ、シワ、くすみ、乾燥などを予防・改善します。水素水は血管を拡張する働きが期待できるので、通常の入浴よりも温まります。

 水素は水から抜けやすい物質なので時間が経つとお風呂から抜け出てしまいますが、水素水風呂の効果は約8時間程度で家族で利用することができます。水素が皮膚から吸収されて全身を巡るには約7分かかるといわれているので、10分以上を目安に入浴するとよいでしょう。ぬるめのお湯なら体への負担が少なく、長時間入浴することができます。

↑ PAGE TOP