水素水で高血圧を予防

水素水で高血圧を予防

 普段どんなものを飲んでいますか。清涼飲料水やジュースは糖分が多く太る原因です。眠気覚ましのためにコーヒーを何杯も飲むと、カフェインの影響で体調不良につながります。水素水は体によい水です。飲み物を変えるだけで健康維持に役立てることができます。水素水には血圧を下げる働きが期待できます。

 人間は生きている限り酸素を吸ってエネルギーを作り出します。取り込んだ酸素の2%ほどは活性酸素に変化します。リンゴが酸素に触れると黒く酸化しますよね。これと同じように人間の体内でも活性酸素の影響で体がさびつき老化が進行します。

 活性酸素は血管も傷つけます。活性酸素と体内の脂肪酸が結びつくと過酸化脂質ができます。過酸化脂質が血管壁に付着し、血管が狭くなると血流が悪化します。血液を全身に送り出すために血圧が高くなります。活性酸素は血液をドロドロにもします。ドロドロした血液は流れが悪く、血栓ができやすくなります。そのため血圧が高くなります。

 水素水には活性酸素を無害な水に変える働きがあります。血液をサラサラにして流れをよくし、高血圧を予防します。活性酸素を消去する物質には、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどいろいろありますが、それらよりも高い抗酸化力を水素水は持っています。水素は小さな分子なので、ビタミンCなどが入り込むことができない細胞の隅々にまで届き、活性酸素から守ってくれます。

 高血圧の改善のために塩分を控えたり運動を続けるのは大変かもしれませんが、水素水なら普段飲んでいるものを変えるだけなので、簡単に継続しやすいです。

↑ PAGE TOP