水素水をのむと下痢になるというのは副作用?

水素水をのむと下痢になるというのは副作用?

 水素水は老化予防や体質改善に効果があると言うことで、美容や健康に気を遣う方々にとても人気が高まっています。老化防止と言えばビタミンCやビタミンE、コエンザイム4Q10などが定番ですが、これ等は分子が大きく、身体の隅々にまで浸透しづらいと言う特徴があります。

 しかし水素はとても分子が小さく、身体の細部にわたるまで浸透していき、身体中を悪玉活性酸素から守ってくれる役割を果たします。人は呼吸をして食べたものからエネルギーを作り出しますが、この時にどうしても活性酸素が発生します。それが身体を錆びさせることで老化や健康に不具合が生じていくのですが、水素を利用することで活性酸素の除去に効果があるのです。

 活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があり、あまりにも抗酸化力の強いビタミンなどでは善玉活性酸素まで除去してしまうのです。しかし水素なら悪玉活性酸素の除去にだけ効果を発揮し、必要な活性酸素は残り、除去した悪玉活性酸素を無害な水にして体外に排出してくれて副作用の心配もないのが特徴です。

 ただ水素水を取り始めの頃に、下痢になってしまうことがあります。それは副作用とか効果が無いと言うことではなく、水素が腸内の老廃物を排出する働きがあることに関係しています。腸内環境が悪い人ほど毒素を出そうとしますから、下痢になる可能性は大きいのです。ただこの現象は飲み続けていけば腸内細菌のバランスが整っていき、下痢をすることは無くなるのです。身体が好転していく一つの段階だと考えると良いでしょう。

↑ PAGE TOP